Skip to main content.
 
«Prev || 1 · Next»
カスタマイズ具体例k18ゴールドとシルバー950の組み合わせ結婚指輪
リングの構造には、ずんどうでドラム缶のようなストレート型(平打ち)を基本として、さまざまなパーツを組み合わせることによって、幾通りもの複雑なデザインのリングのアレンジが考えられます。たとえば輪の断面を直線に輪切りにするのではなく、ウェーブを描いたようなかたち、違素材を組み合わせた有機的な構造などがあります。それらを、表面のテクスチャーを叩いたり、質を変えたり、チタンの色をアレンジしたりすることで、無限のバリエーションができあがります。
deisplay
«Prev || 1 · Next»