Skip to main content.
 
«Prev || 1 · Next»
チタンの黒っぽい色を表現しようとして研究している色のサンプルです。
玉虫色のような濃紺からこげ茶色のような干渉色がチタンの特徴です。この色は、チタンが外気からの酸化から身を守ろうとして自分で生成する皮膜です。
薄い層からできており、硬いものに擦れますと、素地の色(普通のプラチナ色)に戻ります。そのため、一段引っ込んだ箇所に施こすなどの工夫をしています。
«Prev || 1 · Next»